このエントリーをはてなブックマークに追加

キャップが似合う人がすごくうらやましいと思う「ボク」です。
世の中にはすごく沢山の種類の帽子・キャップが存在しています。最近は特に種類も増えたように思うのですが、あれやこれやとつい試着してしまうのですが、「ボク」は、あんまりキャップが似合わないんです(笑)。

[スポンサードリンク]

キャップについて

ベースボールキャップの概念

オリジナルキャップ作成として使われる帽子の種類ですが、ベースボールキャップと呼ばれる野球帽タイプが一番定番だと感じます。おそらくですが個数だけと想像すると手軽なアメリカンメッシュキャップに次ぐ人気のスタイルだと勝手に推測しています。
さて、ベースボールキャップとは、頭部にあたる部分は頭のカタチに沿ったほぼ半円のカタチをしていて、正面にプラスチックなどを芯にしたつば(庇(ひさし))がついた帽子の事であります。
以前から存在はしていたものの「1860年前後にブルックリン・エクセルシオールというチームが導入したことによって大きく広まったというのが定説」とされています。

作成の方法は割愛致します。

キャップのイラスト素材をつくりましたという内容だけの投稿なのですが、少し話がそれてしまいました。
作り方などは基本的にIllustratorにてベジェ曲線がかけるペンツールというものを使って作成したのですが、細かな方法などは気にしないでください。
おおざっぱな内容としては先日Tシャツのイラストを作成したので、その際にちょっとした手順をご紹介いたしましたので作成の方法を参考にしたい人はそちらの記事も併せてご覧下さい。

細かな作成方法などは、様々なIllustratorの使い方がWEB上で紹介されていますので、興味がありましたら一度検索してみて下さい。

キャップイラスト素材

正面からみたイラスト素材

平らな台に置いた実際のキャップを写真に撮り、パソコンに取り込んで正面からトレース致しました。

側面からみたイラスト素材

平らな台に置いた実際のキャップを写真に撮り、パソコンに取り込んで側面トレース致しました。

背面からみたイラスト素材

平らな台に置いた実際のキャップを写真に撮り、パソコンに取り込んで背面トレース致しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ノマド工場 | Tシャツのシルクスクリーンプリント工場で営業します。」はこんな人が運営しています。

シルクスクリーンプリント工場の営業のボク。

オリジナルTシャツ業界の営業12年を経たあとWEBデザイン・クリエイター業5年の経験値と知識を現在所属しているシルクスクリーンプリント工場(Tシャツ・トートバッグなどのウェアプリントの工場)のプロモーションを目的として[ノマド工場]という名称でブログの運営をしています。