このエントリーをはてなブックマークに追加

糸を走らせるセンスでかなりの仕上がり具合が変わってくると言ってもいい刺繍加工。
非常に奥の深さのあり難しいオリジナル加工だと言えるでしょう。

[スポンサードリンク]

基礎知識

刺繍加工とは

刺繍加工とはオリジナルキャップ・ウェア・グッズ作成において「刺繍糸」「刺繍針」を使用してオリジナルデザインを縫い付けて表現する加工技法の1つです。プリントに比べると糸を組み合わせていくため立体感もあり高級感も出すことが可能です。糸をしっかり縫い付けるため強度も高く、ひと昔前は非常に手間のかかる技法で今でも高価なイメージの名残があります。

刺繍加工の進化

作業効率などから、手振りで刺繍をする職人さん自体もあまり見かける事もなく、ほとんどが刺繍の機械を使っての刺繍加工をしている現場が多いと思いますが、機械の発達により刺繍加工が身近な存在へとなりつつあるように思います。
テキストの刺繍はもとより機械にデータ化されているため、個人名・体操服名など縫い付けるのに非常に効率のよい仕組みなのですが、基本ゴシック体・明朝体・楷書体などを主力で使用していたものも、そのフォントの種類自体もものすごく多くなり、文字を並べるだけでも十分デザインと呼べるものになります。
刺繍デザインに欠かせないパンチカードとよばれるデータの作成も一発変換できるソフトウェアなども開発され、個人レベルで刺繍の機械の取り扱いができるくらいまで進化してきています。
名入れというジャンルではもしかしたら、一番手間がかからない技法になっていくのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ノマド工場 | Tシャツのシルクスクリーンプリント工場で営業します。」はこんな人が運営しています。

シルクスクリーンプリント工場の営業のボク。

オリジナルTシャツ業界の営業12年を経たあとWEBデザイン・クリエイター業5年の経験値と知識を現在所属しているシルクスクリーンプリント工場(Tシャツ・トートバッグなどのウェアプリントの工場)のプロモーションを目的として[ノマド工場]という名称でブログの運営をしています。