このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと昔前の転写プリントを想像されている人で転写プリントは、ちょっと安っぽいなんて思われている方へ
シートやデザインにもよりますがかなり進化していますので一度耳を傾けて下さい

[スポンサードリンク]

転写プリント

転写プリントとは

上記イメージのような写真を張り付けたTシャツを見かけた事はないでしょうか?
写真をキレイにプリントできる技法は、現時点では、転写プリントもしくはインクジェットプリントの2タイプだと思います。
転写プリントは、転写専用の熱を加えると溶ける特殊なノリのついたシートにあらかじめデザインをプリントしたものを生地に熱プレスする技法です。
カッティングプリントも要領的には同じカテゴリーのものになります。
手芸屋さんやコピーショップなどで市販されているアイロンプリントと大きく見て一緒の技法です。

転写プリントの種類

転写プリントといっても様々な種類が存在しているのですがかなりおおざっぱに3つご紹介しておきます。(※同じ種類でも使用するシートの柔軟性・厚みの違い・同じ手法でもシートの材質の違いなど・・言い出したらきりがないくらい種類があるので、あくまでおおざっぱな種類紹介とさせてください。)

インクジェットの転写

転写用のシートにインクジェットプリントでデザインを印刷してシートを作成するタイプの事です。
基本的にはパソコン上データのイメージどおりに出力をしたものを必要に応じてカットして生地に熱圧着致します。
パソコン上で作成した出力できるデータでしたら細かいもの・グラデーション・写真などでも難なく表現する事ができます。
カットする都合上デザインに縁をつけなければならない場合もありますので、縁のはいったワッペンっぽいデザインになってしまいますので予めデザインの際に頭に入れておいたほうが良いかもしれません。

カッティングシート

カッティングシートは街でよく看板や窓ガラスに会社名やサービス名が張られているのを見かけないでしょうか?シルクプリントでやっているものもあれば、カッティングシートを張り付けているものも多いです。車のカスタムなどの文字入れはカッティングシートが多いですかね?同じような種類のものです。
もともと色のついたシートをデザインにカットして生地に圧着致します。
プロッターなどと呼ばれるカットマシーンでデザインをかっとしていくのですが、細いデザインなどはちぎれたりうまくくりぬけない為、細かすぎるものは非常に手間がかかったり不可能だったりしますね?

昇華転写

昇華転写はポリエステル生地に化学反応の原理をつかって色を移染させるという技法。隠ぺい性がないため淡い色の生地にしか向いていませんが生地に馴染んで風合いも良く、スポーツ系のユニフォームでしばしば利用されている加工技法ですね。

転写プリントの特徴

長所

パソコンデータ出力からシート作成が可能ですので、シルクプリントのような型代金というのが必要ありませんので1枚から作成するとしても比較的コストの安いオリジナルウェア作成が可能です。
フルカラー・写真・グラデーションなど自由なデザインを表現する事が可能です。

短所

基本シートを熱圧着により張り付ける為、アイロンプレスの跡が残ってしまいます。生地によりシートの定着する温度が変わりますので温度が高いほどプレス跡が残りやすくなってしまいます。
1枚づつプレスしていく方法の為、大量生産に向いていない為、シルクプリントのように作業スピードと作業工賃は大きく下がることはありません。

[スポンサーリンク]
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ノマド工場」を運営している人

ノマド工場を運営しているWEBクリエイターのボク。

WEBクリエイターという肩書きでオーダーアパレル業界の知識を生かし「オリジナルウェア・オリジナルキャップ・オリジナルバッグ・オリジナルデザイン・自作の加工技法」などをテーマにものづくりする人の為の応援サイトを立ち上げる事に致しました。

自己紹介

ノマド工場を運営するボクです。

オリジナルウェア・グッズ作成の応援サイトのノマド工場を運営しているボクの紹介の投稿ページです。

スポンサードリンク