このエントリーをはてなブックマークに追加

別にTシャツだけには限定しているわけでは無いのですが、サムネイルにTシャツをかっこよく着こなした女性の画像を使用したので、「オリジナルTシャツ作成の為の・・」と表現しました。
別にキャップでもトートバッグでも何でも良かったのですが・・。

[スポンサードリンク]

無地のキャンバス

オリジナル加工

何故キャンバスという表現をしたのかといいますと、絵画などをされる方は、キャンバスに絵の具などを使って絵を描いていきますよね?
オリジナルTシャツも同じような事で、無地のTシャツにオリジナルデザインを加工していくのです。
オリジナル加工というと、「シルクスクリーンプリント」「カットプリント」「転写プリント」「刺繍」などの様々なオリジナルTシャツを作成する為の技法があるのですがひとくくりにしてオリジナル加工と呼ばれる事が多いです。

無地のTシャツ

オリジナルTシャツを作成する際の無地のTシャツは、どこにいけば買う事が出来るのでしょう。
街でも無地のTシャツというものも見かける事はありますが、オリジナルプリントを加工する事を前提として販売されている無地のウェアメーカーというのが日本にも何十社か存在している事をご存知でしょうか?
「無地だったら何でもいいんじゃないの」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、別に決まりはもちろんないので大丈夫なのですが、オリジナルTシャツは、用途によって何枚も同じものが必要な場合もある事があるのも視点に入れて頂いた方がいいですね。
ポイントとして、同じものが安定的に供給される無地のTシャツを利用する事をお勧め致します。
例えば、あなたがDIYで知り合いのお店のユニフォームを作ったとします。間に合わせで街のTシャツを使用してその時は済んだのですが、新しくバイトが入ってきたので、同じのを作りたいとなった場合・・前のTシャツが売り切れてしまっていたら・・新しいバイトさんだけ違う雰囲気のユニフォームに。
出来ればみんなで統一したいですね。

無地ウェアブランド

インポートブランド

アメリカは、本場のオリジナルTシャツ大国ですので様々な有名な無地ウェアが存在しますが、気軽に取り扱いが出来るブランドを前提にご紹介致します。

ジャパンブランド

日本でもここ15年ほどでインターネットの発達と伴いオリジナルTシャツというものが急激に広まり、無地ブランドもすごく力をいれていますね。
アメリカの市場に比べると比較的歴史の浅いウェアブランドですが、日本企画ということもあり「欲しい」をかりたてます。

グッズ系ブランド

上記まではTシャツ・スウェットなどのウェア系をメインとして取り扱うブランドをご紹介いたしましたが、キャップ・帽子を主力としたウェアブランドも切り分けてご紹介しておきたいと思います。

今後の展望

このようなグラフィックを手軽にオリジナルウェアとして作成できる無地ウェアブランドの出現においてウェアの存在がここ15年ほどで大きく変わったように思います。
「飲食店の制服がTシャツを着るようになったこと。」「学生がそれぞれのデザインでオリジナルTシャツを着る事」「オリジナルアイテムを贈るという贈り物の変化」「大量在庫が必要ないため、個人レベルでアパレルブランドの立ち上げが目立つ」など様々な市場の変化もみられるように思います。
今後の展望も期待したいと思っています。

[スポンサーリンク]
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ノマド工場」を運営している人

ノマド工場を運営しているWEBクリエイターのボク。

WEBクリエイターという肩書きでオーダーアパレル業界の知識を生かし「オリジナルウェア・オリジナルキャップ・オリジナルバッグ・オリジナルデザイン・自作の加工技法」などをテーマにものづくりする人の為の応援サイトを立ち上げる事に致しました。

自己紹介

ノマド工場を運営するボクです。

オリジナルウェア・グッズ作成の応援サイトのノマド工場を運営しているボクの紹介の投稿ページです。

スポンサードリンク